2015年06月26日

最近の音楽業界の変貌とライブの動向そしてk-liveホログラムコンサートの紹介

「冬の時代」と呼ばれている、音楽業界。
CDやDVDなど音楽ソフトの生産金額は10年前に比べて現在は半減したようです。
現在主要な収入源の一つとして成長しているのが「ライブ」です。
12年の公演数は2万44本で、3年前の09年に比べて約15%増。
観客動員数も約2605万人から約3228万人へと約24%増えているのです。
ライブは会場の定員という物理的制限があるので、数年前からはライブの生中継を映画館などで見る「ライブ・ビューイング」が登場するなど、ライブ周辺ビジネスも拡大を続けているのです。
そして今、新たな「ライブ」が注目を集め始めているのです。
最先端の3Dホログラムを活用したライブ映像を流す「3Dホログラムコンサート」です。
night view.jpg
古くからアーティストのライブフィルムなどを流すイベントは行われてきましたが、最近は生中継ではなく、収録されたライブ映像を映画館で上映する例も多いのです。
現在は3Dホログラムコンサートは「スクリーンに映るライブ映像を見る」のとは感覚がはまったく異なるものだというのです。
本当に、目の前にアーティストがいるかのように見えるらしいのです。
Secret Window_01.jpg
そこで紹介しておきたいのがこちらです。
「Klive(クライブ)」はK-POPライブと最新技術のホログラムが一体となった今話題のスポットです。
生のライブでは味わえない、270度ビューによる大迫力で幻想的な映像と、スターたちの華麗なパフォーマンスが融合した今までにない新感覚ライブを体験できます。
Secret Window_02.jpg
公式のhomepagehttp://www.klive.co.kr/renewal/Jpn/main.php)などでチェックしてみてくださいね。
ほか、amebloghttp://ameblo.jp/klive-kpop)、Youtube()()、からも情報を見て下さい、詳しく判るはずです。
実際に見に行きたいという方は、ticket(http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=6883)の購入をお勧め致します。

posted by もちもち at 18:29| Comment(0) | BW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: